のりホームページ

全国海苔貝類漁業協同組合連合会
会長挨拶 全海苔案内 新着情報 海苔の知識 海苔の日
  海苔の日

2月6日は「海苔の日です」

 海苔は、古代から日本人に好まれている伝統的な食品です。海からの贈り物である海苔に対する感謝の気持を込めて、全国海苔貝類漁業協同組合連合会は、全国海苔漁民の総意として 1966年(昭和41年)「海苔の日」を2月6日と定め、以来毎年記念行事を実施しております。

「海苔の日」の由来

 大宝元年(701年)に制定された日本最古の成文法典である「大宝律令」によれば、29種類の海産物が租税としておさめられていました。そのうち8種類が海藻で、海苔がその1つとして表記されています。この事から、海苔は産地諸国の代表的な産物として、大変貴重な食品であったことがうかがえます。
 全海苔漁連ではこの史実に基づき、「大宝律令」 が施行された大宝2年1月1日を西暦に換算すると702年2月6日となるため、業界の発展祈願の気持ちを込めて毎年2月6日を「海苔の日」と定め、以下の記念行事を行っております。

「海苔の日」記念行事

 「業界発展祈願」(4日 明治神宮・関係者のみ)

「海苔の日」関連行事

東京
 全海苔連は、4日、東京・港区の明治神宮で、恒例の「業界発展祈願」を開催する。業界を代表し全海苔連会長、入札指定商社の代表、学識経験者が同神宮で祈願する予定。

半田
 愛知県漁連(小川淨会長)は、2月4、5日に海苔の日記念チャリティーセールを開催する。4日は愛知県半田市の愛知県漁連海苔流通センターで、近隣住民を対象にしたノリのチャリティーセール、5日は名古屋市栄の百貨店・名古屋三越栄店でのチャリティーセールも予定している。

名古屋
 愛知海苔昭和会は2月6日、名古屋市熱田区の熱田神宮で恒例の「新海苔奉納および新海苔焼き海苔無料配布」を開催する。また「海苔の日」を記念して、食育と地産地消を目的に、名古屋市内の幼稚園児を対象としたノリ抄きを、愛知産ノリ原藻を用いて開催する。今年は15日、名古屋市立第三幼稚園の園児30名が対象。

浜松
 静岡県・浜名漁協(吉村理利組合長)は、「海苔の日」の6日、静岡県浜松市・舞阪の宝珠院で、恒例の「海苔供養祭」を開催する。同祭では舞阪にノリ養殖をもたらした森田屋彦之丞氏の供養と豊漁祈願等をおこなうもの。

広島
 広島青苔会(松岡生朗代表幹事)は、2月6日、広島県広島市の基町クレドふれあい広場で、10時から17時まで、恒例の「海苔の日チャリティーセール」を開催する。当日は同会員23社が各社製品を提供、商品は100〜300円までの格安価格での販売を中心に、瀬戸内地区のノリ共販漁連から提供された乾ノリ製品の販売、また炭火焼ノリの実演、生ノリを使った手抄きなどのイベントも予定されている。なお同セールの収益金は「財団法人ひろしまこども夢財団」へ全額寄付される。

高松
 香川県海苔養殖研究会、香川県漁連は、6日から、今年も県内小学校を対象に学校給食での味付けノリの提供をおこなう。また各地区の代表校を、関係者が訪問、ノリ養殖の説明を中心に児童へ講演をおこなう。また講演後は、児童らと味付けノリがメニューになった給食を体験する。各地区の代表校は以下のとおり。▽6日…小豆島町立苗羽小学校、▽7日…宇多津町立宇多津小学校、▽9日…高松市立庵治小学校、▽14日…三豊市立大浜小学校、▽27日…高松市立花園小学校。

佐賀
 佐賀県有明海漁協(草場淳吉組合長)は、2月6日、今年も「佐賀海苔」のおいしさを知ってもらおうと、県内小学校、特別支援学校の全児童、教職員に初摘み焼ノリ四つ切り4枚入り(全形1枚)を6万人分贈呈する。6日には同県漁協・草場組合長、役員が出席し、代表校で、贈呈式を開催する。代表校については24日現在検討中。

 
▲ このページのトップへ
海苔の知識
 海苔養殖全般
 統計資料
 海苔の効用
Copyright (c) 全国海苔貝類漁業協同組合連合会 All Rights Reserved.